立地や投資家の動向によって異なるマンション売却価格

年数がたっても人気エリアは意外と高値がつく

マンション 売却不動産の売却

売却といっても不動産に詳しい訳ではなく、また現在は大阪にいる事からなかなか都内に出向いて相談をする事もできず、とりあえずは東京都内にも大阪にも支店がある不動産販売業者に伺い相談する事にしました。
とはいうものの一度実物を見せて欲しいという事を言われ、幸いにして借りている人が退去した後だったため実物を見せていろいろと希望価格やいつまでの希望はあるかなどそういった事を聞かれ大体の想定金額を伺いました。
東京都江東区にある3LDKの物件で購入した時は8,000万円近くしましたが10年住んで2年賃貸ですから地区2年経過したにもかかわらず大体同じぐらいの価格で売れるだろうという判断でした。
その理由は東京オリンピックや湾岸エリアは外国人投資家に人気があるのと豊洲が近い事もあってわりと富裕層のサラリーマンに人気がある事から焦らずに売ればそれなりの値がつくのではないかという判断です。
我々としては新しいマンションの購入を並行して考えており、それとの兼ね合いで決めようと思っていたので思ったより高い金額査定を受けたのはポジティブサプライズでした。
それから不動産屋さんを何件か周り同様に査定見積もりと相談を行いましたが大体同じような金額感だったので安心したのとさすが不動産鑑定士の目のつけどころは高度からなのかどこも同じような金額を提示してくれたので我々としては信頼感を持つ事ができました。
しかし我々としては売却が完了して資金が手元にないと新しい物件を購入する事ができませんのでちょっと焦っていたのも事実です。
もちろん事情を話して両親のどちらからか頭金を融通してもらい残りをとりあえずローンを組む手もあったのですが資金がいずれ手に入るのに金利を払っていくのもバカバカしく感じ、結局は今保有しているマンションの買い手がついて実際に資金が入ったタイミングで新しいところを買おうと決めました。

転勤が決まりマンションを売却することに : 年数がたっても人気エリアは意外と高値がつく : 10年住んでも購入金額1割減で売ることができた